社宅の管理と気を付けることとは?

社宅の貸し出しやその社宅管理が忙しくなる時期は、その社宅を管理する企業ごとで異なります。一般的には人事異動が多い時期とその前後で、一斉に人事異動を行うところであれば、社宅から出る人と入ってくる人との調整で大変になります。

まずは出て行く人の調整です。その社宅から出てもらえないと次に入ってくる人が入居しようがありません。したがって、できる限り社宅管理を迅速かつ完璧にこなそうと思えば、出ていく人の対応を最優先で行う事が求められます。特に、退去人の管理は重要で、キズ等がないかどうかと、もしキズ等が見つかった場合における修繕等の対応、その修繕を依頼する業者への依頼など、時間との勝負になります。次に入居する人は待っているわけですので、彼らを速やかに入居できるように管理しなければいけません。

毎月の管理費などの徴収は、給料から天引き徴収されているケースが大半ですからそれほど問題にはならないでしょう。ただし、築年数が経過している物件については、次の立て替えなどの関係で管理費の増額なども考えなくてはならなくなります。このとき、その管理費の高騰により、管理会社との間でトラブルの元になることがあり得るので注意が必要となってきます。