借り上げ住宅の検討はされましたか?社宅との違いとは

企業が従業員に対して準備する、福利厚生制度には様々な種類があります。社宅制度のそのひとつに挙げることができます。ここでは、社宅の借り上げ制度とそのメリットについて説明します。

社宅の借り上げ制度とは、民間の賃貸住宅を企業が借りて、従業員に住まわせることを指します。賃貸費用の一部を従業員が負担して残りを会社が負担することによって、従業員に安価で住む場所を提供することになります。従業員側にとってのメリットは、通常の賃貸住宅であれば、入居時には敷金や礼金。退去時には場合によっては修繕費用を負担することになりますが、会社側がそれを負担してくれて、会社が定めた金額だけを負担すればよいので、その点では住宅手当の支給よりもメリットがあるといえます。

一方、企業側としては、自社で物件を持つ必要がないことがメリットとなります。自社所有する場合、固定資産税等の税金や、建物や設備の経年劣化や老朽化に対する修繕が必要になりますが、借り上げの場合、一般の賃貸住宅を利用する為、税金が不要なことや設備の老朽化を気にしなくて済むこと。また、社宅に住む従業員の人数の増減に対応しやすいこともメリットとなります。

企業によって社宅に対する考え方も異なりますが、身軽さという点で借り上げ制度を採用する企業もあるようです。