社内の人材育成に注力すべき理由とは?

現代日本では、経済低迷の状況が深刻化し、先行き不透明感がますます募っています。そんな現況で、会社の業績を向上させるポイントとして、人間の力に注目が集中し、人材育成の重要性が一層高まっていることは万人が認めるところです。

会社組織は人で成り立っているものであり、組織の活性化を促すものは、まさに、人そのものだからです。人の動きがあってこそ、初めてその組織が目指している効率的な動きができて、成果を上げることにつながることは疑いを容れません。人、物、金などと言われていますが、その中でも、人の重要性はあらためて指摘するまでもありません。

人を育てるには、決して放置していいわけではありません。優秀な素質を持っているのであれば、放っておいても成長するというのは間違いです。事実、現在輝かしい活躍をしている管理職で、自他ともに有能であることを認めている人というのは、何らかの形でのトレーニングを受けているのです。それが、OJTであるのか、あるいは、集合研修を受けたのかはともかく、能力を伸ばすための訓練を受けていることは確かです。意識的な訓練を行った結果としての成果です。
そして、人として育つことによって、企業も目に見えて発展するのです。