人事や総務のやりがいとは?会社での役割とは?

人事や総務は社員が円滑に業務を行うために重要なポジションを担う部署です。社員の採用を始め、誰をどこの部署に配属するかなど、社員を適材適所に置くための仕事を行います。

実際に仕事を動かす社員の選択は、会社を存続していくためにも必要なことです。会社は一人一人が集まって形成する集団である以上、社員それぞれの間に起こる摩擦やトラブルなども見越した上で、なるべく社員それぞれが気持ちよくコミュニケーションを取りながら働き続けるためにも、部署配置の適正さは大切な役割を持つことになります。

また、社内で働く社員の仕事について観察し、評価するのも仕事のひとつです。モチベーションを保ちながら働くためには仕事に見合った正当な報酬を支払い、贔屓や不正のない公正な会社運営を続ける必要があります。

これらの人材採用や部署配置や評価に加え、給与計算や報酬管理、勤怠管理なども担うことがあり、会社全体を総合的に把握し、その運営が円滑に行われていくための縁の下の力持ち的な部署であると言えるでしょう。求められることが多く、日々の業務の中でスキルや知識を磨く必要がありますが、大変な分だけ遣り甲斐を感じることができる仕事となっています。