最近のオフィス環境はどうなっている?事務所にあるものは?

昨今のオフィスでは社員一人に対して1台のパソコンが割り当てられており、逆にパソコンなしでは仕事にならない環境になってきています。パソコンを稼働させるとパソコン自体が熱を持つために、事務所内は熱を帯び、気温が上昇し、また空気が乾燥します。

特に冬場になると暖房も使用するために更に事務所内の湿度が下がり、乾燥状態で社員がのどを痛めたりすることも多いです。そのような職場環境を背景に、事務所に加湿器を設置する企業が多くあります。要所に設置することで適切な湿度で良い職場環境を保つことができます。

昔はワンフロアであっても部署ごとに可動式間仕切りを設置している企業も多かったのですが、昨今の企業では風通しの良い職場、部署の垣根を越えた職場を目指して間仕切りをとっぱらう企業も多くなっており、それにより、より空気が循環し最適な環境を実現できます。

また、パソコン等のOA機器を使用していると目が疲れることが多いです。目や同じ体勢をすることによる肩こり等を防止するために、職場に緑が多い観葉植物を置いたり、別の場所にリフレッシュできる環境をつくったり、またウォーターサーバーを置いてのどを潤すことができるようにして企業も多いです。